読み応えあるFreerun! 2016年1月号

12D09F62-EECE-45F5-A299-6637AB00DAA6

2016年1月号  freerunに今年の春に協力者と共に開催できた「大毛無山の魅力再発見ツアー」ができるまでの事を凝縮してもらい、写真付きで紹介していただいた。

せひ一読いただければ嬉しいです!

この号は、他にもかなり読み応えあります。SNOWBOARDING LIFESTYLEとして布施忠、中居孝治の特集もとても興味深く読ませてもらいました。last23 Questtionの人選もgoodで間違いないし(笑)

また東日本大震災の時グリコーゲンの活動をしたのち、自分らしくできる継続性のあることとして「遊雪農商」というコンセプトを考えました。そして妙高地域で遊雪農商に挑戦しています。まさにこの号の [THE MOTHER SHIP] CAPiTAの取り組みを読んで共通する思いを感じました。

スノーボードに長く携わってきて、またこれからも長く携わっていく上でも、参考なるような深い号になるのではないでしょか?

 

 

 

こちらからでもお求めいただけます。

 

シェア
コロラド州ベイルというラグジュアリーリゾートでスキー教師をしている傍ら、スノーボードにはまり帰国。 ボードカルチャーを日本のリゾートに初めて持ち込んだ張本人。日本最大のスノーボードの情報サイト「SBN」をはじめ「雪番長」「OUTLAND」「UNTRACKED」等を運営する(株)スタジオジャパホの代表でもある。