尾瀬戸倉FINAL PHOTO SESSION!!

4/2で今シーズン最後の営業を終了した尾瀬戸倉スキー場。今回は、その営業終了最終日に今シーズン尾瀬戸倉スキー場のSURGEEVOLVE PARKを作り上げてきた龍美栄一、鈴木拓巳、小川雄一郎のSURGEEVOLVE RIDERたちとBROWN RATSクルーの石山 徹、島方 “PUT” 啓輔とPHOTO SESSIONを敢行。常設されていたクオーターパイプ、ハーフパイプ、そして前日4/1におこなわれたBROWN RATSレイルジャムのセクションでライダーたちが魅せた!

ハイクオリティなパークとパイプで多くのスノーボーダーから人気を集める尾瀬戸倉スキー場。集まった5人のライダーたちでフォトセッションをおこなった。まず最初のアイテムとなったのは今や珍しくなった常設のクオーターパイプ。推定7mはあろうかという巨大なクオーターをライダーたちが攻めた

まずは、尾瀬戸倉といえばこの男。TAZこと龍美栄一。ぶっ飛んでハイエストエアーを決める。

Rider: Tatsumi Eiichi
Rider: Tatsumi Eiichi

TAZと一緒に尾瀬戸倉のパークを作り上げる鈴木拓巳。渋いスタイルでぶっ飛ぶ

Rider: Takumi Suzuki
Rider: Takumi Suzuki

BROWN RATSクルーであり、ピステンも乗り回すギンこと小川雄一郎のスタイルあるエアー

Rider: Yuichiro Ogawa
Rider: Yuichiro Ogawa

ワンフットといえばこの男、PUTこと島方啓輔。クオーターパイプでももちろんワンフット

Rider: PUT
Rider: PUT

群馬のスノーシーンを盛り上げ、クリエイティブな動きで魅せる石山 徹

Rider: Toru Ishiyama
Rider: Toru Ishiyama

クオーターパイプでの白熱したセッションを終え、次はハーフパイプでのセッションに。
このセッションに参加したのは龍美栄一と鈴木拓巳の2人だ。セッション中も多くのお客さんで賑わっていたハーフパイプ。そんな中この二人は別格の動きで注目を集めていた

シーズン中、このパイプをカットし誰よりも知り尽くしているTAZ。そんなタツのスタイリッシュなエアー

Rider: Tatsumi Eiichi
Rider: Tatsumi Eiichi
Rider: Tatsumi Eiichi
Rider: Tatsumi Eiichi

鈴木拓巳も華麗なスタイルで魅せる

Rider: Takumi Suzuki
Rider: Takumi Suzuki

ハーフパイプセッションの後は、4月1日におこなわれたBROWN RATS RAIL JAMのセクションを使ってのジブセッション
ジブでのセッションに参加したのは、BROWN RATSクルーのギン、PUT、徹の3人

このセクションは様々なラインで遊べるようにジブアイテムが設置。自分が思い描いたラインで幾つでもアイテムをHIT出来る。
ギンが狙ったのはダブルダウンレイルの下をくぐり抜けるライン。と、そこでPUTが上でレイルを擦ったらオモシロい画が撮れそうと思いついたクルー。タイミングを合わせて2人のライダー
するとわずか数本で完璧なタイミングの息のあった写真を残すことが出来た

Rider: PUT & Yuichiro Ogawa
Rider: PUT & Yuichiro Ogawa

これが出来たなら次は徹も加えて3人でのカットを狙うことに。PUTがウォール、ギンがレイル、そして徹がBOXを担当し3人での1枚を残すことに。3人が絶妙なタイミングで合わせるのはかなりの難易度、しかもPUTが狙ったトリックはワンフット、わずか数秒のタイミングを合わせなければならない。ライダーたちは数本のトライを重ねてスピードを調整。数回なったシャッター音に駆け寄ってくるライダーたち。
画面を見るとそこにはぴったりと3人の姿がおさまった写真を撮ることが出来た

_MG_8285
Rider: Yuichiro Ogawa & Toru Ishiyama & PUT

シーズン最終日は快晴の中、最高のフォトセッションの1日になった
また来シーズンも尾瀬戸倉のハイクオリティなパーク&パイプに期待したい

シェア
SBN FREERUN(フリーラン)はSNOWBOARD NETWORK=SBNとSNOWBOARDERS LIFE FREERUN(フリーラン)を融合させた国内最強のスノーボード専門Webメディアです。初心者からエキスパートまで、レベルを問わず、スノーボード・スノボの楽しさを伝え、スキルアップをはかるためのたくさんの情報を発信していきます。スノーボード専門誌FREERUN(フリーラン)ならではの視点で、日本、そして世界各地から発信される最新の話題も含めて、クォリティの高い、面白いコンテンツを数多く提供。365日スノーボードを中心にアクションスポーツを楽しんでいけるライフスタイルをサポートしていきます。