室内ゲレンデがアツい!SNOVA 新横浜SUPER JIB DAY

天然雪と遠ざかること早2カ月、そろそろ雪が恋しくなってきたのでは?日本最速OPENのスキー場Yetiのオープンは10月中頃だが、滑れる場所は他にもある。その一つが室内ゲレンデSNOVA!最近、ローカルを中心にオモシロくなっているとのこと。今回はSNOVA新横浜のローカルライダーが中心となっておこなわれたSUPER JIB DAYの模様をレポート!

Edit: Yutaro Hirakami
Photo: ITSUKI

今回SNOVA新横浜でおこなわれたイベント名は「SUPER JIB DAY」、その名のとおりいつもの新横浜のレイアウトとは異なった形の特設レイアウトが作られた。

20160612-026 コピー
Rider: Karin Onozaki

SUPER JIBと聞くととにかく玄人向けのレイアウト?かと思えばもちろん初心者でも楽しめるようにフラットボックスなどEASYなアイテムも設置。ハードコアなアイテムもイージーなアイテムもどちらも楽しめるレイアウトだった。レイル、BOXと様々なラインで遊べるラインはこのイベント中だけでは遊びつくせないほどだ

20160612-041 コピー
Rider: Manato Chiba

今回のセッションにはライダーも多数参加。遊びに来た人もライダーからのアドバイスを受けられる絶好の機会だ。ライダーたちのスキルも間近で見ることができるので貴重な機会だ。セッション中には、イベントに参加したライダーから講習を受けられる時間も。たくさんのライダーが集まる機会だけに、普段は聞けない技のコツなどをその場でレッスンしてもらえていた。

20160612-069 コピー のコピー
Rider: Aya Sato
20160612-112 コピー
Rider: Takuji Oishi

新横浜ローカルたちもイベントを盛り上げる。攻めた滑りには周りの参加者からもYeah!の声が。このイベントハイクアップしているお客さんと滑っているお客さんの距離が近い。

20160612-137 コピー
Rider: Tetsuko Kawai

今回のイベント、攻めている女の子の姿が印象的だった。この時期に滑り込んだスキルが雪山に戻った時に定着しているのだ。

20160612-141 コピー
Rider: 34

時間が経つごとに、参加者の技のキレが増していく。Dirty Pimpクルーはさすがのレイル捌きだ。

20160612-184 コピー
Rider: Ryoki Ogawa

詳しいセッションの模様は動画でCHECK!さらに臨場感伝わるMOVIEで雰囲気を感じよう。

日本のオフシーズンには室内ゲレンデがある。各地のSNOVAではキッカー、JIB、パイプと思い思いに楽しめる。これからも様々なイベントが企画されている室内ゲレンデ。シーズン前のスキルアップに遊びに行ってみては?

シェア
SBN FREERUN(フリーラン)はSNOWBOARD NETWORK=SBNとSNOWBOARDERS LIFE FREERUN(フリーラン)を融合させた国内最強のスノーボード専門Webメディアです。初心者からエキスパートまで、レベルを問わず、スノーボード・スノボの楽しさを伝え、スキルアップをはかるためのたくさんの情報を発信していきます。スノーボード専門誌FREERUN(フリーラン)ならではの視点で、日本、そして世界各地から発信される最新の話題も含めて、クォリティの高い、面白いコンテンツを数多く提供。365日スノーボードを中心にアクションスポーツを楽しんでいけるライフスタイルをサポートしていきます。