完全解説「brotherhood」

6e852dc7a4339fec49c26fbd4b08aec3
ライダー使用率が一番高く、一般ユーザーにもっとも多く使用されているのがbrotherhoodです。ライダーの石川敦士(ジビング、パウダー)、雨甲斐秀太郎、西村大輔、岡田沙織が使用しています。brotherhoodの魅力を解説していきたいと思います。
ベースプレートにはsLABベースを使用しています。sLAB.one、Mountain、brotherhood、coreに採用しているベースです。
ai6v7340
<sLAB base>
意味は「super Lightweight Aluminum Base」で、超軽量アルミニウムベースを指します。
スノーボード好きの技術者たちが、卓越したアルミ加工技術と知識、スノーボードへの探究心が、sLAB beaseを生んだのです。極薄のベースプレートは耐久性が高く、超軽量に仕上がっています。足裏感覚が良く、軽い取り回し、ハードなライディングにも耐える強度を持っています。
img_9737-1
<foot bed>
brotherhoodのフットベッドは、かかと部分のパッドの高さを低くし、程よい柔らかさ、広めに設定しています。ブーツとの密着度を大事にしながらも薄いベースプレートの足裏感覚の良さを生かしています。低速での雪面情報の収集、パウダー、ジビングにおいて足裏で雪やアイテムをキャッチするような感覚で滑ることができます。つま先部分のパッドはギザギザを少なくし、ブーツとの密着度を高め、低めに設定することで雪面をフラットに踏むことを大事にしています。
brotherhood_teal
<ultralight strap>
ストラップの面積が小さく足の可動域を大切にしたモデル。スーパーハードな高速ライディングではなく、トリックをしたり、地形に合わせたフリーライディングをしたり、パウダーライディングに必要なホールド性と可動域を維持したストラップです。
<toe cup>
今期より、全体的につま先を覆う面積が大きくなり、ブーツのつま先がしっかり収まるようになりました。この事により、ハイバックとトゥーカップのホールド性が上がり、つま先を起こした時のヒールサイドへのパワー伝達が速くなっています。トゥーカップは、ハイバックと同じくらい、かかと側への荷重に対して重要なパーツです。一般的なトゥーストラップはつま先から下にホールドしますが、SP-Bindingsの場合、リアエントリーであるFASTECシステムにより、ブーツ後方からつま先をトゥーカップにしっかりと収めるので、つま先とかかとの前後のホールドが強くなります。すると、よりつま先を起こしたときの反応が速く、的確に伝わります。2ストラップビンディングとは、大きく違うこのパフォーマンスを是非体感してください。

ai6v7461
Rider Shutaro Amagai
Model brotherhood
<team highback>
柔軟で粘りのある動きを得意とし、可動域が広い。大きな動きをゆっくりと稼働可能な高性能ハイバック。低中速でのボードコントロール、グラビングからのスタイルの出しやすさ、可動域が広いことから大きく動くことができ、サーフィンやスケートのような動きを可能します。グランドトリック、パウダーやジビング好きにとても人気が高いハイバックです。
チームライダーの使用率が一番高く、ジビングやグラビングにこだわりたいライダーやグラトリ、パウダーと柔らかい動きを求めるライダーに人気の高いモデルです。EVAの下、サイドをささえるアルミ素材でできたベースプレートの薄さを極めて薄くアルミ素材を加工し、プロライダーが使用しても十分な耐久性、強度を兼ね備えています。薄く作ることで軽量化をすることができ、足裏感覚を研ぎ澄ますことができるのも魅力の一つです。brotherhoodとともにスタイルにこだわったライディングを楽しんでください。

シェア