内山ミエ インタビュー

実は彼女が19歳の頃から、一生懸命滑っていた姿をよく見る機会があった。真剣な眼差しで、一言一言を聞き逃さず全てを吸収しようとするその姿勢は、まだまだ発展途上の彼女のスノーボードスキルと相まって、未知数だけど何かをやり遂げるのだろう、と感じるのに充分だった。その頃の彼女を知る人は多くはないかもしれないが、実はかなりの時間を基礎=ベーシックのライディングに費やしていたのも知っている。

世界に通用するライダーになる、誰もやってない事やろうよ、誰よりも高く飛びたい、そういう思いを持つ人達がたくさんいる事はよい事だと思う。しかしそこに辿り着くまでのプロセスをしっかりと順序立て、自分のスケジュール管理、タスク管理、ボディーメンテナンスを行なっているプロ、またはプロ志望のライダーはそこまで多くはない。

彼女が彼女の目指す所に辿り着くかどうか、それは誰にもわからないが一つだけ言える事は、彼女が目指す先に向かって自分が何をすべきか、ということを理解して、セルフコントロールしている事だ。

今回は、今また新たな挑戦を始めた内山ミエのインタビューをお送りします


スノーボードを始めてからプロになるまで、どのように過ごしてきたのですか?

昔の自分は上手い人と滑りたい、プロと会ってみたいってずっと思っていましたが、どうやったらうまくなるかもわからなかったし、ギアの選び方も教わる環境がなかったんです。そしてスノーボードを身近に教えてくれたり、リードしてくれる人がいませんでした。

mie14

短時間で上手くなりたいと思いましたし、私の場合はそれでもまだ若い方だったので、スノーボードの専門学校という形でスノーボードをする環境を作り、結果私を導いてくれた学校の仲間や先輩、先生がいるという環境に恵まれました。もちろん毎日常に上手い人の後ろを滑って追いかけて、くっついて、いろんな人の滑りを盗んできました。みんな楽しそうに技とかメイクしてかっこよくて、でも自分はダサくて、怖くて全然トライ出来ませんでしたが。

その時は嫉妬だったのかな? でも悔しいって思いだけでした。でも自分は強い意志とか、目標があるような出来た人間じゃなくて。笑
それでもただとにかくスノーボードを上手になりたかったんです。

それからプロの資格を取得して、今度は、私がやる番だと思ったんです。
今日このスキー場で、このコンディションで、自分のレベルで最大限この山でどう遊んだらプロらしい滑りができるか、を考えて。
だからプロはただの資格だけど、まわりに証明するための最低限の、絶対に必要なものでもあるかな、と思うんです。

mie4

今シーズンはどのような動きをしていましたか?

昨シーズンまで自分の技術向上、自分のライダー活動のためだけにストイックにアスリートとしてスノーボードやっていましたが、自分の滑りや人間性を見守って応援してくれてた人にまた会いたいと思ってました。
二年間、オリンピックを目指してるとき、自分の為だけの目標じゃない、地元の子供達や、応援してくれてる人への感謝の意味をこめて。
応援してくれてた人に会って感謝を伝えたかったし、そういう身近にいる人ともっとたくさんスノーボードしたいなって思いました。

もちろん練習撮影イベントの合間に、なるべくプロに会う事のないエリアの人たち、地元のスキー場で、子供達と会える時間を作っていました。

mie1


オリンピック出場を目指した事によって何か得られたものはありましたか?

結果的には自分には何もなかったって気づけたこと、ですね。
うまくなったのは自分の力だけじゃない、まわりのサポートでここまで自分が成り立ってきたんだって気づく事ができました。滑ってるときに、アドバイスもらったり、叱ったり、見守っていてくれたり。

私は一流の選手でもないし、有名人でもないのに、オリンピックに出ようが出まいが、たくさんの人が変わらず自分の周りにいてくれてます。
今残ってくれてる人、メーカー、サポーターが、強みで取り柄だと思いますね。
「センスとか、目立つタイプじゃないから、コツコツと泥臭い人間味のままでいいんだ」って、そう思ったらかけがえのない、自分への自信を貰いました。

mie12

これからは雪遊びの、総合コンサルティング、オピニオンリーダーを目指したいです。
自分がモデルとなり、素敵なスノーボードのある生活の見本となり、憧れつづけられるため、大会で頑張る姿も見せたいです。これは2年間オリンピックを目指す時の様な自分の為だけの目標ではなく、地元の子供たちや応援してくれてるファンの方に、感謝の意を行動で示したい、という意味です。

今後は内山ミエ=スノーボードとなるような、業界内外に働きかける活動を目指します。

そう思ったら、自分が一番スノーボードを楽しめるに決まってる!!!!!って思えてきて、パイプやバックカントリーも楽しくて楽しくて仕方ありません!!!笑

mie2

第一線でスノーボードをし続けてきてなにか辛かった事はありましたか?

ライダーとして、付加価値つけて自分は凄いんだぞって!思わせなきゃいけないんだって勝手に思っていた事がつらかった!笑
実は誰も求めてないのにね。笑
凄くもないのに、有名人ぶってた自分の心とのギャップがつらかった!笑

でも実力以上のサポート、メディア対応、自分が今使っている一流のブランドメーカーのギアなど、私がスノーボードをするためにこれだけ恵まれていたという事もわかって、逆に自分の心に素直になって感謝する事もできました。

mie3

プロという立場になり、新たな挑戦、目標はありますか?

私はプロであり、まだまだプロではないと思います。プロスノーボーダーとして、内山ミエをこれからどんどんたくさんの人に名前覚えてもらって、人間自体を憧れてもらえるように頑張りたいです。そして「楽しい」を引き込み、「人」を引っ張っていきたいです。

もちろん大会で頑張ってる姿も見せたいし、良い滑りをして写真や映像に残して、メディアに出て自分を知ってもらい、スノーボード業界だけでなく、一般の人の目に触れるところで自分=スノーボードというアイコンで、初めてスノーボードに関わる人にも、身近なヒーローになってスノーボードの楽しい世界へ引き込みたいし、雪山に来て欲しいと思います。

それとともに普段、プロと触れ合えない地域の人や、子供達を特に引き込みたいです。イベント、キャンプで交際範囲を広げ、その場を与えるだけじゃなく、プロの自分がより近くで身近に滑りたいですね。

雪遊びの総合コンサルティング、オピニオンリーダーとして、今度は内山ミエ=スノーボードとなるような、業界内に、働きかけるそんな人間になりたいし、目指したいです。

mie5

最後に

私はスノーボードの専門学校で知識や技術を学びましたけど、自分のまわりにいる人は、普段学校や仕事で頑張って、趣味&楽しみとして最大限、スノーボードを楽しんで欲しいです。そして私は、趣味でスノーボードをしている人がスノーボード業界を引っ張っていってくれている人だと思っています。

ほとんど趣味でやる人のまわりは、どうやったら上手くなるかやギアの選び方もわからなかったし、ずっとプロと会ってみたいって思ったり、自分より上手い人と滑ってみたいと思っていたのに叶わなかったんです。今度は自分がやっと、それをやれる番だと思いました。ですので自分が育った地元、ライダーの少ない東北地方、仙台や自分が育った地元新潟県のキューピットバレイスキー場などで、もしそこに自分が一緒にいたら、楽に楽しいスノーボードを案内します!

mie7
プロフィール

名前:内山ミエ (うちやま みえ)
好きなコト:おうちがすき。フットサル観戦 BLOG書くこと SNS
電気屋 歩くこと コーヒー コスメ ご当地グルメ 道の駅
高速道路サービスエリア パン屋めぐり ホームパーティー デパ地下めぐり 料理 競馬
スノーボードが大好きな人と、絡むことが大好きです。
嫌いなコト:お酒があまり飲めません。笑

facebook
twitter
blogは9年もやっています。笑

スポンサー:
OGASAKAsnowboard
COLUMBIA Sportswear
SMITH optics
FLUX BINDINGS
DEELUXE
アプルラインドジャパン
プロテクターARK

FIELDGATE
インソールBMZ 

エクテティック白雪
チューンナップショップKRYPTON
美容室キュビズムラボ
浜松市にこにこ接骨院
プロスノーボードショップシュナイダー 
チームアルビレックス新潟

JWSC
オリジナル似顔絵広告デザインのストスタ。

キューピットバレイスキー場

cblogo

Interview and Edit by
Credit_Kazu

シェア
SNOWBOARD NETWORKは日本発のスノーボード専門Webメディアです。スノーボード・スノボが好き、もっと楽しみたい、 スノーボードをはじめてみたい、そんな人たちにむけたポータルサイトです。 更に、日本と海外をスノーボードを通して国境をなくし世界が繋がることを目的として運営しています。