スノーボード〜形状

ツインチップ

ノーズとテイルの形がまったく同じ。スイッチで滑ることを意識しており、形状としては前後の区別がない。スタンスもセットバック=ゼロが標準。スピンやグラトリなどに向いている。

【2-2】

ディレクショナルツイン

スノーボードの形としてはツインチップだが、インサートの位置がセットバックしてある。標準位置に取り付ければ自然とセットバックされるため、滑っていても安定性があり、高速滑走でのトリックなどに向いている。

【2-3】

ディレクショナル

ノーズとテイルの形が違うなど、全体の形としても前後がハッキリしている。またインサートもセットバックを大きく取れるようにしてあり、トリックからフリーライディング、パウダーボードなど広範囲に使われる。

シェア
SBN FREERUN(フリーラン)はSNOWBOARD NETWORK=SBNとSNOWBOARDERS LIFE FREERUN(フリーラン)を融合させた国内最強のスノーボード専門Webメディアです。初心者からエキスパートまで、レベルを問わず、スノーボード・スノボの楽しさを伝え、スキルアップをはかるためのたくさんの情報を発信していきます。スノーボード専門誌FREERUN(フリーラン)ならではの視点で、日本、そして世界各地から発信される最新の話題も含めて、クォリティの高い、面白いコンテンツを数多く提供。365日スノーボードを中心にアクションスポーツを楽しんでいけるライフスタイルをサポートしていきます。