ジブシーンの次世代を担うライダーを発掘したGANGSTA JIB SESSION。

DirtyPimpとFREERUNがタッグを組み開催してきたGANGSTA JIB SESSION。そのVOL.3を2月24日(土)に石打丸山スキー場で開催。2年に渡り開催してきたこのイベントだが、ここでもう一度そのコンセプトについて触れておきたいと思う。このイベントはジブコンテストではなく、セッション。特設ジブアイテムで、どれだけ自分のスキルとスタイルを表現できるのかが鍵になる。全国各地から集まったジバーとオーディエンス、DirtyPimpクルー、フィルマー&フォトグラファー。この舞台で会場にいる全員をどれだけ沸かせたか?それが全ての答えとなるのだ。この記事では、そのセッションを写真とハイライトムービーで振り返りながら、DirtyPimpのプロデューサーにこのイベント開催への想いを聞いた。
Photo: ZIZO

ダミー
このセッションに参加した全国のジバーたちで集合写真

最先端のジブシーンを、ライダーだけでなく全国各地から集まるジバーたちで表現できる場として、このGANGSTA JIB SESSIONが企画された。このイベントの話を持ちかけてくれたDirtyPimp。戸田真人、小川凌稀、高尾翔馬、34、赤田祐弥らを主要メンバーとするこのクルーはもはや言うまでもなく、日本のストリート、ジブシーンを牽引しているライダーたちで構成されている集団だ。今シーズンのFREERUN本誌でも取り上げたDirtyPimpのヤングガン、小野崎 海琳、鈴木冬生、米野舜士もそのクルーに認められ、昨シーズンから映像の世界へ飛び込んでいった若きライダー。そんな彼らの中にもこのGANGSTA JIB SESSIONでの活躍が認められ、DirtyPimpの一員となったメンバーもいる。

このイベントで活躍することができれば、ジブやストリートシーンの最高峰クルーと共に活動するチャンスや、新たなジブムーブメントの火付け役となるライダーに成長する可能性が広がるのだ。

クールな技を決めたヤツ、攻めたヤツ、抜いたヤツ、純粋にカツコイイヤツ。いい技をメイクったらみんなで盛り上がる。その場にいる全員でそいつを讃える。それがライダーだろうが、一般ジバーだろうが関係ない。ただ純粋に自分のスタイルを見せ合って会場を沸かせる。そのスタイルこそがこのセッションが重要視するもの。リザルトと賞金はもちろん用意されているが、それだけじゃない。ここでクールに魅せられたヤツは必ずその先がある。今回のセッションでもヤバい次世代のライダーを見つけることができた。

ダミー
開会式での1コマ。どんなセッションになるか期待が高まる
アマ2位で、ベストトリック賞も受賞した清水カズマ
アマ2nd、ベストトリック賞をGETした清水カズマ
ダミー
アマ3rd 鈴木シンのバックショット
ダミー
近年のジブシーンでめきめきと頭角を表す神宮寺 海人
ダミー
DPのメインライダー戸田真人もこのイベントを楽しみながら才能のある若きジバーを探す
ダミー
次世代のジバーを担うライダーをシビアにチェックする高尾翔馬。ジャッジをしながら、もちろん自らも滑り会場を盛り上げていた
ダミー
このイベントのために愛知から新幹線で駆けつけたDPヤングガンの鈴木冬生
FREERUN賞をGETした屋島佑介。キレのある板さばきが目立った
ダミー
インビライダーとして参加した千葉マナト。安定感のある滑りを魅せ続けた
ダミー
こちらもインビライダーで参加した山口ツヨシ。滑りも見た目もスタイリー
アマレディス フジカワ モモカ
アマレディース2nd フジカワ モモカ。ガッツのある滑りで会場を沸かせた
アマレディス モリタ アヤナ
アマレディース1st 森田アヤナ。彼女の無駄のないシンプルなスタイルは今後も楽しみ
ダミー
オープンレディース2nd 佐藤ツキミ。トリッキーな技をいくつもメイク。ガールズのレベルもかなり高かった
ダミー
安定感のある滑りで見事オープンレディース1stに輝いた石原ハルナ
ダミー
仲間と喜びを分かち合う石原ハルナ
ダミー
これからのジブシーンを引っ張っていく存在になるだろうオープンレディース1st~3rdの3人

 

ここからは、GANGSTA JIB SESSIONのオーガナイザーであり、DirtyPimpのプロデューサー兼フィルマーのMr.DP 平上 裕太郎氏に、このセッションをリアルな視点で振り返ってもらうとともに、イベント開催の想いを聞いた。

ダミー
「とにかく俺らにヤバい滑りを見せてくれ!」Dirtypimpのプロデューサーでありフィルマーの平上 裕太郎が開会式でイベントのシンプルなコンセプトを説明する

-そもそもこのイベントを開催したいと思った経緯は?
日本でジブのイベントが少なくなってきた中で、アマもプロもみんなで一緒に盛り上がれるセッションイベントを開催して、ジブシーンを盛り上げたいって思ったのがきっかけ。それに、俺自身が色んなスタイルでレールやボックスなどを攻めてる人達を観たり撮ったりするのが好きっていうのもあります。
毎年このイベントのハイライトムービーや写真をSBN FREERUNの記事で公開してるんで、ここに出ることを目標にしてもらいたいです。

今回のハイライトムービーがこれ!

 

-今年で3回目の開催になったわけだけど、今回のセクションで意識したポイントは?
最近、海外のストリート映像にはスケートみたいに2つ以上のアイテムを流れで撮影するのが増えてるんですけど、日本のパークではそういったセクションが中々味わえないのが現状。だからこのイベントで、そのレイアウトを体験してもらえればと思って、中央にメインのドンキレールを置きつつも、左右にはライン系のレールを設置しました。このセクションでどうクリエイティブに魅せるか?そのあたりが意識したポイントです。

ダミー
流れのあるセクションをクリエイティブなラインで繋ぐ34
ダミー
ダウンレイルも余裕のあるスタイルでメイク
ダミー
レディースエントリーの松田アイコもレイルを果敢に攻める
ダミー
これからの活躍が楽しみなアマ1st 橋下マサユキ
アマ1st 橋本マサユキ
アマ1st 橋本マサユキの喜びの瞬間
ダミー
アマクラス出場の鈴木タイガもオリジナルラインを探しトライし続けた

-DirtyPimpクルー賞も用意したよね。DPライダーたちも熱くなってセッションしていた。それはなぜ?
クルー同士でジャッジするのって、どうしても厳しく見ちゃうし中々難しいんですよね。それに、もし入賞者全員がDPクルーってなったりしたら、参加した人も面白くないんじゃないかと思って。だけどDPライダー達にも本気で滑ってほしかったから、オープンクラスでジャッジされない代わりにクルー内で「一番俺を興奮させた奴に!」って、賞金を用意しました。
やっぱり大勢の人に観てもらって上がって、誰かが凄いトリックを決めたら「俺もやってやるぜ!」ってなるのが横乗りの良い所だと思うんです。主催者側も含めた全員が楽しめるイベントって俺の理想なので、その熱さを参加したみんも感じてくれただろうし、自分も近くで感じれて最高でした。

ダミー
終始クリエイティブなラインを探しながらセクションを見事に攻略した高尾翔馬
ダミー
「誰がヤバい滑りをしたか?」みんなのライディングを真剣にジャッジする戸田真人と高尾翔馬
ダミー
無駄な力のないリラックススタイルでアイテムを巧みに捌く戸田真人
ダミー
乗れてるスタイルでさすがのジブ捌きを見せてくれたDPの鈴木冬生
ダミー
当日になって急遽MCを任されたGILAFFEやBIGMOUTHブランドの代表でもあるCHOSHA(チョーシャ)。ノリノリのトークでバッチリ会場を盛り上げるあたりがさすが
ダミー
34とカリンのトレイン。オーディエンスを沸かせる滑りも忘れない
ダミー
レディース2ndに輝いたDPヤングガンの小野崎カリン
ダミー
この日はDPクルーの中でもひときわ調子良くアイテムを攻め続けた小川凌稀
ダミー
DirtyPinpクルーの中で一番ヤバかった滑りを魅せたライダーに送られるDP賞。今回、Mr.DPとクルーたちが選んだのは小川凌稀だった
ダミー
見事DP賞をGETして万遍の笑顔。主催者サイドも滑りながら楽しむスタイルがこのイベントらしい

-今回のセッションで感じた部分を教えて?
毎年そうなんですけど、やっぱり今年もみんな攻めてましたね。アマクラスに出てる人も凄く上手い人も多かった印象です。オープンクラスはレベルが高くて、楽しそうに滑ってたのが嬉しかったですね。
今年は板を走らせる為にアイテムの手前にパンピングできるように即席で雪を盛ったんですけど、それに苦戦してる人が多かったのかなと。あと、途中から雪が降って板が思うように走らなくて、予想以上に難しくなってしまった印象もありました。次回はそのあたりも考慮して、もっと楽しめるセクションにしていきたいと思ってます。

ダミー
ジブの大会で活躍が目立つオープン3rd 遠藤マサシ。多彩なトリックのバリエーションを見せていた
ダミー
終始攻めのスタイルでメイク率の高かったオープン2nd 岡本フミヤ
ダミー
オープンクラスで見事受賞した3人。彼らのこれからのジブシーンでの活躍に期待が高まる

今回のセッションで気になったライダーはいた?その理由も教えて。
山本コンラッドかな。まだ16歳なのに、スタイルがカッコよくて上手い。FINALでも調子良くて結局彼が優勝しましたね。今年からDirtyPimpのストリート撮影も一緒にしてるので、映像もぜひ楽しみにしててください!

ダミー
今回のセッションで誰もが認める滑りを披露したオープン1st 山本コンラッド
ダミー
すでにDirtyPinpの撮影にも参加し、多くのフッテージを残す次世代の注目ライダー。ジブ以外にもジャンプやフリーライディングでも確かな実力の持ち主。総合滑走能力とスタイル共にずば抜けた才能を持つだけに今後が楽しみだ

-今のジブシーンをどう考えている?ライダーたちのストリートシーンではなく、一般スノーボーダーのジブシーンやパークについて教えて。
最近またジブをやってる人が増えてきているように感じます。この流れで、もっと面白いパークが色んな地域に出来てくればレールとかやる人もさらに増えてジブシーンが盛り上がると思います。日本のパークって安全性を重視する所が多いと思うんですけど、アイテムがイージーでも設置次第でだいぶ楽しさが変わると思うので、まずイベントなどで普段と違う設置をして、それが常駐されて多くの人がジブの楽しさと深みにハマっていく世の中になってほしいです。

ダミー
真剣な眼差しでセクションの攻略ラインを探す
ダミー
ハイクしながらも他のライダーのライディングをチェック。このセッションは自分の滑りを魅せ合う場所でもある
ダミー
オープンクラス出場のクリモト ソウタも自分のスタイルを見せつける
ダミー
ベストキッズ 渡辺ユウタ。おめでとう!今後のジブシーンを引っ張ってくれ!
ダミー
このセッションを楽しむ参加者たち。セッション中は真剣だが、アフターはFUNにみんなの滑りを見ながら楽しむスタイル
ダミー
途中から降り出した雪にも負けず、ノリノリでイベント楽しむガールズジバーたち
ダミー
仲間で参加し、それぞれの滑りに歓声をあげながら自分を表現するイベントがこのGANGSTAだ

-今後このGANGSTA JIB SESSIONをどのようにしていきたいとか構想はある?
設置に関しては、もっとみんなで楽しめる面白くて難しいギリギリを攻めていきます。後は、DPクルー以外にもインビテーション枠を用意して、色んなライダーをこのイベントに集めたいですね。みんなでセッションして良い映像を撮りたいです!

ダミー
イベントを裏方でも支えたDPガールズクルーの34とカリン
ダミー
イベントを終えDPクルー全員で集合ショット!ナイスチームワーク

OTHER PHOTO

スライドショーには JavaScript が必要です。