オフトレに最適。新しいジャンプ施設「Flyhill」がG.W.初日にいよいよオープン

オフシーズンのスキルアップの場として人気のジャンプ練習施設。神戸、福岡、富山、大阪(KINGS)や埼玉、小布施、東北(QUEST)など様々なエリアに設置されているが、G.W.初日4/29(金)に新しい施設「Flyhill」が茨城県に登場する。

この施設の特徴はなんと言ってもマットの厚みだ。4mもの厚さのマットが着地時の衝撃を可能な限り吸収してくれるので身体への負担を軽減、すなわち怪我をする可能性も低くなるそう。

flyhill_panorama
コースは、フリーランコース、スモールキッカーコース、ミドルキッカーコースの3つ。フリーランコースには簡単なグラトリができる小さなキッカーも設置される。常磐道・谷田部インターから車で10分とアクセスも良く首都圏からも通い易い立地。

近くにジャンプ施設が無かったという人も、オフトレに夏の遊びにいってみてはいかがでしょうか。

Flyhill(フライヒル)
住所:茨城県つくばみらい市野掘天田窪台529-3
www.flyhill.jp

シェア
SBN FREERUN(フリーラン)はSNOWBOARD NETWORK=SBNとSNOWBOARDERS LIFE FREERUN(フリーラン)を融合させた国内最強のスノーボード専門Webメディアです。初心者からエキスパートまで、レベルを問わず、スノーボード・スノボの楽しさを伝え、スキルアップをはかるためのたくさんの情報を発信していきます。スノーボード専門誌FREERUN(フリーラン)ならではの視点で、日本、そして世界各地から発信される最新の話題も含めて、クォリティの高い、面白いコンテンツを数多く提供。365日スノーボードを中心にアクションスポーツを楽しんでいけるライフスタイルをサポートしていきます。